FAXでできること

聴覚障害者の方々にとってFAXという手段は切っても切れない関係だと思います。しかし、それでもFAXは不便だから使わないという人もいるのが現状です。 聴覚障害者向けのFAXでのサービスというのはたくさんあります。 行政的なサービスでは役所などで調べ物を以来することができたり、110番や119番などの緊急時の連絡や各自治体で行われている聴覚障害者向けのFAXでのカルチャースクールやラジオの文字化サービスなど聴覚障害者にとってFAXはたくさんのことが可能になる中心手段として活用されています。

しかし、FAXは不便と感じる人が多いのはなぜでしょうか。 それは外出先で使えないことという意見が多いです。 FAXはFAX機と電話回線がなければ送ることも受信することもできないとお考えの方が多いからだと思いますが、外出先でもFAXができてFAX機も不要なFAXがあることを知っていますか。 インターネットFAXです。

インターネットFAXはメールさえ受信できる環境であればどのFAXからのメッセージも読むことが可能でもちろん自分からも送ることができます。 もちろん紙やペン、インクや印刷も不要で携帯電話ひとつで行えるFAXです。

FAXという従来のイメージを完全に覆すインターネットFAXですが、外出先でも気軽に使うことができ、携帯電話やパソコンなどから確認できるので最近ではインターネットFAXを使う方がとても増えています。 外出先で使えないのが不便と感じている方はインターネットFAXにしてみるとその不便は感じなくなることでしょう。 たくさんのサービスがあるからこそ、FAXという手段を使って欲しいなと思います。 FAXの持つ不可能を可能にしたFAXがインターネットFAXなのです。

▼ 今すぐ無料体験をされるならコチラ ▼