文字で伝達する手段を多く持っていたい

聴覚障害をお持ちの方にとって文字は大切な伝達手段です。 文字で伝えられるものが近年では発達によって増えました。

例えば携帯電話。

スマートフォンが発売されたことが携帯電話で出来ることの幅が拡がり、メッセージ機能があるアプリなど文字で伝えたりコミュニケーションが取りやすくなるアプリなどが急増しました。 それと共にタブレットにも人気が高まり同じようにアプリを利用することで持ち歩ける携帯電話以上パソコン以下の新しい機器として注目されています。 パソコンの通信速度もデータ量も莫大になった最新のPCはとてもキレイな画面を持ち合わせ通信最大の有能機器として文字の伝達がしたい人にとっては優等生といえます。 それらを聴覚障害者の方々は使用してると思いますが、FAXも利用されてる方が多いのではないでしょうか。

しかし、今時代の進化とともにFAXを使う方が減っているのも現状です。 紙に書いて流して送る。

その一連の流れが面倒という方も多く、さらに外では使うことができないというのが最大の難点になっています。

しかし、携帯電話やタブレット、PCなどを外出時に持って歩くのであればインターネットFAXを使うことができます。 インターネットFAXは電話回線FAXと違いFAX機も紙も手書きの原稿も必要ありません。 メールでメッセージを作って送るだけでFAXとして相手に届くことになります。 それはインターネットFAXの相手だけではなく一般の電話回線FAXにでも送受信できます。

また、インターネットFAXは申込みしてから工事なども必要がないのですぐに始めることができます。 携帯電話やパソコンなどでメールやインターネットを生活に取り入れてる方はその感覚でFAXも利用できるのでとても利便性がありますよね。 インターネットFAXというFAXの進化を利用してみてはいかがですか。

▼ 今すぐ無料体験をされるならコチラ ▼