デジタルの時代にあるFAX事情

デジタル時代の現代にとってアナログなものが良いという人もいれば使いづらいという人もいます。 インターネット、パソコン、携帯電話、タブレット…今時代の中心になるものたちで、使用してる人も多く、文字を伝える手段としても優れているので聴覚障害者の方々も利用してる人が多いと思います。

しかし、ひとつアナログなもの…それはFAXです。

FAXはとても便利なもので聴覚障害者の方々にとってとても重要な通信手段であることでしょう。 FAXがあることで受けられる聴覚障害者向けのサービスがたくさんあります。

自治体によっては聴覚障害者には必要不可欠なものとされ支給されていたり、料金の一部を助成されていたりと様々です。 しかし、FAXは外出先では使えないことがとても不便ではありませんか。 だからこそ携帯電話のメールなどを利用してFAXは利用しなくなったという人も多いのではないでしょうか。

しかし、インターネットFAXは違います。 インターネットFAXはメールで送受信ができるFAXです。 メールとなにが違うの?と思う人もいるかもしれませんが、インターネットFAXはFAXですからメールとは違います。 メールで送受信しますが相手が電話回線のFAXでもFAXとして届きますし、行政などの聴覚障害者FAXサービスなどももちろん利用できます。 メールで受けられないサービスでもFAXのサービスをインターネットFAXで受けることができます。 金額的にもFAX機も紙もインクも必要ないですし、コストもかかりません。

インターネットFAXはインターネット環境があれば誰でも使用することができます。 外出先でFAXが使えるという新しいデジタルの時代です。 聴覚障害者だけでなく世界中の企業や個人が今インターネットFAXで通信手段として利用しています。

▼ 今すぐ無料体験をされるならコチラ ▼