聴覚障害者の新たなる通信手段

言葉というのは人間の持つ最大のコミュニケーション手段ですが聴覚障害者の方々にとってはこの言葉を聞くことが難しいとされています。 音を聴くことができないということは自分で話すことも難しいという方も多くおり、聴覚障害者の方々は文字や文章でコミュニケーションを主としています。 そこで多く使われているのがFAXです。

近年では携帯電話のメールや様々な便利なアプリなども活用してる方も多いでしょう。 しかし、まだまだFAXの聴覚障害者向けサービスが多くインターネットやメールなどでは対応していないというところが多いのです。 それだけ聴覚障害をお持ちの方々にとってFAXは重要な通信手段と言えるでしょう。 FAXで家族や親族、友人などに連絡を取るだけでなく、110番や119番通報や役所などの行政サービス、聴覚障害者向けFAX通信講座やラジオの聴覚障害者向け文字サービスなど様々なFAXサービスがありますが、難点は外出先ではFAXは使えないということです。 FAXはなぜ外出先では使えないのでしょうか。

それは電話回線を使っているからです。FAX機が必要だからです。 しかし、それらの問題をクリアできるFAXがあったらどうでしょう。 FAX機も必要がなく、外出先でも使用することができるFAXがあると便利ではないでしょうか。 それを可能にするのがインターネットFAXです。 メールやインターネットができる状態であれば外出先からでもメールを使ってFAXを利用することができます。

携帯電話ひとつあれば送受信が可能です。 インターネットFAXはとても便利なサービスであり普通のFAXの通信料金よりも月にかかる料金よりもお手軽に利用することができます。 災害がもし起こってしまった場合、一番使える環境がインターネットだったという統計があります。 手段のひとつとしてこれからインターネットFAXが新たに加わる時代となるでしょう。

▼ 今すぐ無料体験をされるならコチラ ▼