文字を伝える通信手段

FAXは使っていますか? FAXは聴覚障害を持ってる方にとって大切な伝達手段ですよね。

近年では携帯電話でメールが気軽にできるようになったこともあり、メールで家族や友人などとコミュニケーションを図っている方の多いと思います。 しかし、FAXはまだまだ大きな意味を持っていてFAXでしか参加できないものやFAXでのみ受け付け可能な行政施設、FAXでなければ受けられないサービスなどがあります。 メールのように気軽にできたらいいのに…。 そう思ってる方も多いことでしょう。 FAXは今メールでできる時代だと知っていましたか?

と、いうのもインターネットFAXというインターネット回線を使ったFAXが存在するからです。 インターネットFAXはメールだけでできるのでFAX機もいならければ紙もインクも手書きも必要ありません。 メールで打ったことがFAXとして相手に届きます。 インターネットFAXを使ってる人はもちろんインターネットFAX以外の普通の電話回線FAXを使っている人にも届きます。 とてもインターネットFAXはお安く利用でき、外出先からでも気軽にFAXとして利用できるので、今までは家でしかできなかったことも外出先でできるようになります。

携帯電話を持っていればできるので、今ほとんどの聴覚障害者の方々が携帯電話を利用してると思いますのでインターネットFAXの利用が可能です。 電話回線のFAXに比べて通信費用も格安になっており月額料金も手頃なので従来のFAXと併用して使ってる方もたくさんいます。もちろんインターネットFAXの一本化をしてる方もいらっしゃいます。 便利にFAXが使え、文字によって様々なことがいつでも伝えられるのは良いですね。

▼ 今すぐ無料体験をされるならコチラ ▼