元コンビニ店員が語るFAXトラブル事情

私は以前コンビニに勤めていた事があります。 年数は3年と少しですが、それだけいるとコンビニ内のシステムも結構変わっていきます。

レジ本体が交換になったり新しいコピー機が入ってきたり、様々なことがありました。 私がいたコンビニは田舎だったしかなり年数が経っていたので古い機材が多いところでした。 FAXもサービスの一つとして置いていたのですが、よく故障するので困っていました。 機材自体が古いのに経費で買えないとか何とかで壊れかけなのにずっと使っていました。

基本的にはセルフサービスになるのでお客様に自力でやってもらうのですが、どうしても分からない方には説明しなければなりません。 私はFAX操作が苦手なので出来るだけやりたくありませんでした。 紙を一度通さないといけないのにしょっちゅう詰るので大変でした。 曲がってしまったりシワが入ったりするので、なるべく丁寧に通すのですがそれでも詰る時は詰ります。

そうなると上手く送信されなくてエラーになってしまいます。 FAX代をお返ししなければならないし、報告書のようなものを書かなければいけなかったのでそれが面倒でした。 お客様によっては急いでいる方もおられたので、こちらの不手際ではないのに怒られるということもしばしばありました。 イライラされても仕方ないのですが、こっちの機材が古い所為なのでなんともいえません。

私が辞める一年前にコピー機が新しくなりました。 その時に新しい機能としてコピー機でのFAX送信が可能になりました。 今までは詰るという事が頻繁に起こっていたのですが、コピー機なので読み取るだけでよくなりました。 お客様への返金の回数も格段に減りました。

その代わり新しい問題も出てきました。 FAXのやり方以前にコピー機にあまり詳しくないという方が多くて使い方から説明しなければならなくなりました。 全てボタン操作になるのですが、最初に押すボタンから分からないという方が続出しました。 結果的に便利にはなったものの手間が増えてしまいました。

そしてこれも問題なのですが、送信先が受け取ってくれないという事が多かったです。 事前に連絡をしてから送ってもらうよう声かけをすることで少しはマシになりましたが、店員の立場としては前と不便さはあまり変わらない気がします。

⇒ モバイルfaxなび HOMEへ戻る